急性」で検索した結果

4件中 1〜4件を表示

ベクターでの一致

急性腎不全の判断 0.3V

糸球体濾過率が急激に減少し、尿毒症を呈する急性腎不全の判定に用います
糸球体濾過率が急激に減少し、尿毒症を呈する急性腎不全の判定に用います。その看護数式は3つありますが、今回は、(1)式..(尿中Na値(mEq/l)×血清Cr値(mg/dl))÷((血清Na値(mEq/l)×尿Cr値(mg/dl))×100% と、(2)式..(尿Cr値(g/日)÷血清Cr値(mg/dl))×10...

解剖学的死腔気量の算出・評価 0.1

上気道・気管支・細気管支内の死腔気量を急性呼吸不全・肺循環障害の指標とする
気道から呼気により吐き出され気体の約70%は肺胞内でガス交換をおこなった気体であり、30%は上気道・気管支・細気管支内にある死腔気量である。解剖学的死腔気量は体重kg当たりのおおよそ2mlとされている。今回はこの看護数式の意味を理解してこれまでのような簡単な計算・評価をしてみます。かなりおおよそ(大雑把)な数式...

急性腎不全の判断:腎不全指数 0.1 V

腎臓の糸球体濾過率が急激に減少し、尿毒症を呈する急性腎不全の判定に用いる
人間80歳を越えますと、各臓器はなんらかの疾患をもつものとなります。駄目になったものは、私の例では、虫様突起、胆嚢、胃、痔核、前立腺、硝子体といったものに、摘出・切除のメスが入りました。気息奄奄の状態を記録するのに最近は日本語プログラムTTSneoの試行錯誤プログラムを作成し、衰退の程度を伺うことにしています。...

解剖学的死腔気量 0.3

急性呼吸不全・肺循環障害の指標を求める呼吸に関する看護数式
2ml x 体重kg ≒ 解剖学的死腔気量を求め、次いで死腔気(VD)÷1回換気量(VT)で死腔1回換気量比なる指数が求められます。この指数の正常値の0.3以下か?以上か?看護の必要性を知ります。0.6以上は人工呼吸器からの離脱は困難となります。急性呼吸不全と相関する指数であり、また肺循環障害の指標となるもので...


もっと絞り込む

1

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック