発症」で検索した結果

6件中 1〜6件を表示

ベクターでの一致

Life Evidence PRO

Life Evidence PRO 絶対!後遺障害を諦めないで! MS版アプリ Life Evidence Pro

上部肥満と下部肥満 0.1

ウエストとヒップの周囲比により肥満者を分類し、疾病の発症頻度を求めます
上部肥満か、下部肥満かの判断も統計的に処理しますと、摂取カロリーが消費カロリーより多い場合に肥満が生じま ... 腹部脂肪細胞の大きさが増大し、耐糖能障害、高インスリン血症、高脂血症。高血圧症、虚血性心疾患などの疾患の発症頻度が高い。 ●下部肥満:10以下は、脂肪細胞の大きさが正常で代謝異常は少ない。 1.摂取カロリーが...

前立腺疾患 0.1

男の泌尿器-前立腺の病気は多くの男性に発症します また、原発癌の温床ともなります
65歳の男性で前立腺肥大症と考えられる人の割合が70%であって、そのうち症状のある人は、半分の35%という統計値があります。50歳以上の男性で、中等度以上の排尿障害症状を持つ割合は、50%ということです。男の泌尿器の前立腺の病気が益々増加するのは食事の西欧化により、働き盛りの日本男性の病気のパターンの西欧化によ...

へるぷ!POSSUM Score for FileMaker Pro

外科手術における合併症発症率、死亡率の予測式
POSSUM scoreは、1991年Copelandらによって提唱された、「患者の全身状態と手術リスクを数量化する」もので、これにより術後死亡、合併症発症率を予測しようとするものです(ちなみにAPACHE IIは1985年発表です).全身状態不良の患者には侵襲の大きな手術は行うべきではないということは観念的に...

脳梗塞予防ワーファリン服用療法 0.1V

血栓発症から脳梗塞となる循環器疾患とワーファリン服用の抗凝結療法の看護数式
昨年「不整脈薬剤治療」と「心電図データベース構築」をVectorライブラリに登録しました。今回はその後の『脳梗塞はいつ起きてもおかしくない』と診断された循環器疾患の中で古くて新しい問題である心原性脳梗塞と抗凝固療法の体験的受診の中間的状況を公開するものです。特に、よく知られているワーファリン服用による血栓発症の...

結核患者による接触感染危険度の判定 0.1

結核の集団感染の発症の看護数式
これまでの看護数式のスタイルを変更をするのに先賢のアイデアを活用して,今回は「結核患者による接触感染危険度の判定」の看護数式を作成しました。 項目は,1.結核抄史 2.接触感染危険度の判定 3.感染症の自己検査です。 最近では病院・学校・老人ホームなどで集団結核発症の事件が報道されるのを他人事のように聞いていま...

だいだいsnow3(完) 1.0

羽雪の病が発症したのはいつもの雑木林 そして2人の逃亡は終わりへと向かっていく(最終話)
選択肢なしのビジュアルノベルゲーム。プレイ時間は2時間弱。とある朝、全員そろっての朝食で崩れ落ちる羽雪。それが意味するのは近く訪れる誰かの未来。日満希の病羽雪の病雑木林からの強制退去そして2人の脱走劇は終焉へと進んでいく。...


1

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック