蛋白」で検索した結果

8件中 1〜8件を表示

ベクターでの一致

こう美の健康ノート

こう美の健康ノート 健康数値を記録して、元気を継続させましょう。

高カロリー輸液(TPN)の基準 0.1

経口摂取・経管栄養不可能な場合の栄養管理TPNのカロリーや蛋白質量を求めます
経口摂取・経管栄養が不可能な場合で栄養管理が必要な場合に、確実に栄養を補給する目的で行われるTPNのカロリーや蛋白質の量を求めます。成人1日のカロリー量は、30kcal×体重kgです。アミノ酸量は、1.5g×体重kgです。ある体重の患者にTPNが施行されたときは、その患者の体重が看護数式の計算基準となります。体...

FROG-Win 3.0

蛋白質・核酸データ解析
Mac用にFROGとしてLIB 4に登録しているプログラムのWindow95への移植版です。 FROG-Winは、VisualC++(5.0)で書かれています。 Window 3.1での作動は試していません。 最大処理配列は、6000(蛋白質は1000)です。 コピーは自由です。改良しますので、ご意見をお聞かせ...

FROG-Mac 5.1

蛋白質・遺伝子データ処理プログラム
●プログラムの使用説明 1、核酸をアミノ酸に変換(DNA to AA) 2、相補鎖および逆相補鎖(Com ... ead. Frame) 5、Harrプロット(Harr Plots) 6000x90000配列まで 6、蛋白質の分子量(Molec. Weight) 7、蛋白質の二次構造の予想(2nd Structure)1...

食物エネルギー量 0.1

3大栄養素の蛋白、脂肪、糖質の摂取量と1g当たりのエネルギー総量
1日のエネルギー量と3大栄養素の摂取量を把握し、標準体重との比較により基礎エネルギー量の妥当性を検討します。今回の看護数式は、入力データは3大栄養素の蛋白質量、脂肪量、糖質量の必要量を求める体重Kgのみです。後は、食物から得られるエネルギー量の計算式である「蛋白質(g)×4.2+脂肪(g)×9.3+糖質(g)×...

低蛋白血症の補正に要する蛋白量 0.1

浮腫や胸水・腹水があり、強心剤や利尿剤など効果なしの補正に要する蛋白量計算
浮腫や胸水・腹水があり、強心剤や利尿剤などで効果が期待できない場合に新鮮凍結血漿(FFP)やプラスマネートなどの輸注を行う。補正する必要蛋白質(g)を求めます。手術前の血漿蛋白量の症状判定として、●正常:血漿蛋白量が6.5〜8.0g/dl●軽症:血漿蛋白量が6.5〜5.5g/dl●中等症:血漿蛋白量が5.5〜4...

慢性透析患者の食事療法 0.1

エネルギー量と蛋白質量を求める食事看護が重要
腎不全患者の1日必要エネルギー量・蛋白質量を求めます。体重kgのみの入力に、エネルギー量は最小35kcal×体重kgと最大45kcal×体重kgのkcal/日の範囲を求めます。蛋白質量は、最小1.2kcal×体重kgと最大1.5kcal×体重kgのkcal/日の範囲を求めます。十分なカロリーを摂取させられますが...

脂肪乳剤の投与量 0.1

糖やアミノ酸(蛋白質)の約2倍の熱量をもつ脂肪乳剤の1日限界投与量を求めます
糖やアミノ酸(蛋白質)に比べ約2倍の熱量をもつ脂肪乳剤の1日投与量(限界値)を求めます。脂肪乳剤の投与量(1日当たり)=2g×体重kg。必須脂肪酸の欠乏は、皮膚炎、貧血、血小板減少、血管透過性亢進、創痍治療の遅延などの症状を呈します。その症状の経過を把握します。投与速度は、3時間以上かける。を正確に行います。投...

熱傷患者の輸液量 0.1

熱傷面積と体重から電解質や蛋白質の必要量を求めます
熱傷面積(成人9の法則、乳児5の法則で算出)と体重から電解質や蛋白質の必要量を求めます。熱傷により血管の浸透性が高まり、水分・電解質・蛋白質などの血漿成分が血管外に侵出し浮腫を生じます。循環血液量の減少を補正するために輸液を行います。体表面積1%当たり2.8g/日の蛋白質を喪失します。熱傷患者への輸液量投与は、...


もっと絞り込む

1

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック