vbs」で検索した結果

324件中 141〜160件を表示

ベクターでの一致

OpenContainingFolder.VBS 1.02 評価:5.0/5.0 (投票:2件)

「ひとつ上のフォルダを開く」ショートカットと関連付けとVBScript
「検索結果」のファイルを右クリックすると、「1 つ上のフォルダを開く」という項目があります。 「ファイルを開く」や「名前を付けて保存」ダイアログなどでも、「1 つ上のフォルダを開く」があったらなぁと思うことはありませんか? なら、似たようなものを作ればよいのです。 ショートカットに対して、ショートカット自身とリ...

ZoneView.VBS 1.05

ローカルのHTMLファイルを各セキュリティゾーンで開くVBScript
ローカルのHTMLファイルを信頼済みサイト/イントラネット/インターネット/制限付きサイトの各セキュリティゾーンで開きます。...

htm2sjis.VBS 1.00

HTMLの記述をなるべく変えないで文字コードだけをシフトJISに変更するVBScript
HTMLファイルをシフトJISに変更します。 IEの「名前を付けて保存」で文字コードを変えて保存し直すと、HTMLの記述がすっかり変わります。コード変換だけならADODB.Streamで出来ますが、今度は、 <META http-equiv=Content-Type content="text/html; ch...

SaveAsMHTML.VBS 1.01

コマンドラインからWebページをMHTMLファイルに保存するVBScript
コマンドラインから、「Web ページ、HTML のみ」でなく、埋め込みコンポーネントも含めて、WebページをローカルのMHTMLファイルに保存します。 IEで「Web ページ、完全」「Web アーカイブ、単一のファイル」で保存しようとして、「Web ページの保存エラー/この Web ページは保存できませんでした...

ExecuteComment.VBS 1.01

自身のプロパティのコメント欄に書かれたスクリプトを実行するVBScript
スクリプトをファイル内ではなく、スクリプトファイルのプロパティページのコメント欄に書いておきます。スクリプトファイルを起動すると、自身のプロパティページのコメント欄に書かれているスクリプトを実行します。 スクリプト内容を確認するには、ファイルを開かなくても、アイコンにマウスカーソルを乗せると、スクリプト内容が見...

RelativeShortcut.VBS 1.04

ショートカットのリンク先を相対パスにする
ショートカットのリンク先は、相対パスにできません。 カレントディレクトリからの相対パスにすることはできます。 ショートカットファイルからの相対パスにする方法はありません。 VBSファイルやバッチファイルからの相対パスにすることはできます。...

CurrentDirectoryOnDrop.VBS 1.03

ファイルをドロップしたときのカレントディレクトリの謎を解くVBScript
ファイルをドロップしたときのカレントディレクトリは謎です。 そのカレントディレクトリを表示するVBScriptと表示/変更するHTMファイル。 HTMファイルをそのエクスプローラに表示するVBScript。 トラブル回避法。アプリ/スクリプト設計指針。 ドロップで起動されたのかどうかの判別方法も。...

MakeTrustedMHTML.VBS 1.01

HTMLファイルを「信頼済みサイトゾーン」のMHTMLファイルにするVBScript
「信頼済みサイト」のWebページを、ローカルのMHTMLファイルに保存すれば「信頼済みサイトゾーン」になります。 しかし、ローカルのHTMLファイルに保存すると、「インターネットゾーン」か 「マイコンピュータゾーン」になって、「信頼済みサイトゾーン」になりません。 ローカルのHTMLファイルは、他の3方法(Ma...

SetShellDirectory.VBS 1.02

ファイルをドロップしたときのカレントディレクトリを表示/変更するVBScript
ファイルをドロップしたときのカレントディレクトリは不定です。 不定のままでは、ゴミを残したり、ゴミを拾ったりして、セキュリティの観点からも、あまり好ましいものではありません。 空のフォルダに設定しておくのがよいと思います。...

CreateHtaObject.VBS 1.01

スクリプトからHTAを起こして、そのWindowオブジェクトを操作するVBScript
IEの場合は、WSHなどのスクリプトからIEを起こして、操作したり、既存のIEをShell.Windows()で捕捉して、操作することが出来ますが、HTAの場合は、そういうことが出来ません。そこをなんとかして、HTAのWindowオブジェクトをWSHなどのスクリプトから操作します。 WSHからIEを駆動するとき...

OpenByThisExplorer.VBS 1.01

HTML/テキスト/画像ファイルをそのエクスプローラで開くVBScript
エクスプローラでHTML/テキスト/画像ファイルをダブルクリックすると、ほかのウィンドウに、IEやメモ帳が立ち上がって、開きます。 特に、IEは立ち上がりが遅いので、いらいらします。 わざわざ、新規に立ち上げなくたって、そのエクスプローラに表示すればよいのにと思いませんか? ということで、そのようにするVBSc...

ZoneIdView.VBS 1.01

ローカルのHTMLファイルをイントラネット/インターネット/制限付きサイトで開くIE
このスクリプトで起動したIEは、ローカルのHTMLファイル(MHTMLを含む)をイントラネット/インターネット/制限付きサイトの各セキュリティゾーンで開きます。 ローカルのHTMLファイルをロードする際に、そのファイルのNTFS5のNSSストリームに、各セキュリティゾーンのゾーンIDを設定します。 もし仮に、そ...

SaveHTML.VBS 1.00

コマンドラインから、「Web ページ、HTML のみ」をシフトJISで保存するVBScript
コマンドラインからURLを指定して、そのWebページを「Web ページ、HTML のみ」でローカルのHTMLファイルにシフトJISで保存します。CDO.Messageを利用します。 「オフライン作業」では、キャッシュから保存します。...

OpenTextFile.VBS 1.03

FileSystemObjectのOpenTextFileの文字コード自動誤判定代替VBScript関数
FileSystemObjectのOpenTextFile()関数は、Unicode指定に−2を指定すると、文字コードがANSI(シフトJIS)、Unicode Little Endianかを自動判定します。 ところが、ANSI(シフトJIS)をUnicode Little Endianに誤判定することがあるよ...

PropSummary.VBS 1.00

プロパティページの「概要」の「簡易」または「詳細設定」を表示するVBScript
プロパティページの「概要」タブの「簡易」ページまたは「詳細設定」ページを表示しようとすると、GUI操作では、右クリック、「プロパティ」、「概要」、「簡易」または「詳細設定」、と面倒です。それを簡略化します。...

WinDiff.VBS 1.07

WinDiff出力から左右2列並べ変更箇所枠囲み差分リストのHTMLを作るVBScript
Windows2000/XPなどには、C:\Program Files\Support ToolsなどにWinDiff.EXEが標準的に装備されています。 ソースレビューでこれを使わない手はありません。 しかし、そのままでは、ちょっと使い難くて、使ってないってことはありませんか? それはなんて勿体無い。使い易く...

SetProperties.VBS 1.02

プロパティページの概要タブの簡易と詳細設定の各欄に設定するVBScript
各ファイルのプロパティページの「概要」タブの「簡易」ページや「詳細設定」ページの各欄に設定する情報をテキストファイルに書き出しておいて、 これを入力にして、各ファイルのプロパティに設定します。 0ファイル名 1アーティスト 2アルバムのタイトル 3年 4トラック番号 5ジャンル 6歌詞 歌詞 歌詞 7タイトル ...

TargetMenu.VBS 1.00

ショートカットの右クリックでリンク先の右クリックメニューを表示するVBScript
Windows PowerToyにShortcut Target Menuというツールがありましたが、同様のものです。 WindowsXPなどでは、ショートカットの右クリックでリンク先の右クリックメニューも合成して表示されるので、必要性をあまり感じませんが、すべてではないので、例えば、リンク先の「送る」や「コピ...

RegExpandSZ.VBS 1.00

レジストリの既定値を「展開可能な文字列値」(REG_EXPNAD_SZ)に変更するVBScript
「関連付け」では、commandキーの(既定)値にコマンドラインを指定します。 コマンドラインには、環境 ... _SZにしたくてもできません。 そこで、(既定)値をREG_SZからREG_EXPNAD_SZに変更するVBScriptです。...

SingleExcelObject.VBS 1.01

Excel.Applicationのオブジェクトが複数になるのを避けるVBScript
スクリプトからGetObject(,"Excel.Application")しても、オブジェクトが複数あると、先頭のオブジェクトしか取れません。 スクリプトで既存のExcel.Applicationのオブジェクトを操作するときに、予めExcel.Applicationのオブジェクトが複数になるのが避けられるのな...


もっと絞り込む

1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ...

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック